拝啓バナナ様

やかましくも可愛い1歳と5歳兄弟の子育ては毎日悩みだらけ。いつから食べれる? なかなかできない! おすすめの叱り方って? そんな母を横目に今日もバナナばかり食べる兄弟である。

ストローマグ&水筒は雑菌だらけ!? 酸素系漂白剤オキシクリーンの漬け置きでスッキリ消毒

time 2017/05/20

ストローマグ&水筒は雑菌だらけ!? 酸素系漂白剤オキシクリーンの漬け置きでスッキリ消毒

これからやってくる夏は水分補給が大切な時期。子供と一緒におでかけするときに、子供用の水筒やストローマグは欠かせません。

水筒やストローマグは毎日使うものだけど、ちゃんと毎日掃除してますか。ペットボトルなら使い捨てなので、掃除や衛生面のことを考えなくてもいいかもしれませんが、水筒やマグはそうもいきません。

口をつけて飲んだら、同時に水筒の中の水には雑菌がたくさん入ってしまい、雑菌は夏の屋外や室内でどんどん増えます。目に見えない、っていうのは、本当におそろしや。一見きれいそうな水筒やマグも、雑菌だらけかもしれません。

sponsored link

■水筒、毎日洗ってますか?

毎日洗ってればそんな心配もたいしていらないのですが、毎日洗っていない人もいるようで。。。
時々、わたしも洗うのを忘れちゃうのですが、水が入っていたマグをあけると、ストロー部分や内側がヌメっとしていることがあります。それは、雑菌が大繁殖のしるし。

水ならまだしも、糖分が入っているジュースだと余計に雑菌のエサがたくさんあるということなので、雑菌にとっては天国です。目に見えないけど、入れっぱなしはとっても危険。

 

■中身を放置した水筒やストローマグの中は雑菌だらけ

水っていうものは、とっても菌を繁殖させやすいんです。なので、水分が入っている水筒やマグは、雑菌にとっては居心地がよく、増殖しやすい場所。きれいな水が入っているだけならともかく、口をつけて飲んでいる以上、口内から雑菌が入っているので、時間がたつほど増殖します。

これから水筒を持ち歩くことが増える時期は、気温がとっても高いので、よけいに水が腐ります。「水が腐る」というイメージはあまりないかもしれませんが、「水の中で雑菌が繁殖して雑菌だらけの水になる」ということです。

■お掃除しにくい水筒&ストローマグ

きれいに毎日洗ってます! という人も、水筒やマグの掃除には苦戦してませんか? 水筒用のスポンジがあれば掃除しやすいですが、普通の食器洗い用スポンジだと、水筒の中までしっかり届かず、洗い残しが出てきてしまいます。

しかも、ストローマグだとストローの中はスポンジなんかもちろん入りません。私は気になった時に綿棒をつっこんでゴシゴシしてますが、それでも届かないところがあったりしてこそばゆい思い。

少し掃除をさぼると、ストローの中に黒い点々が見えて、「あ、ヤバイ! カビだ!」ということも。いくら水がきれいで安全なものであっても、ストローの中がカビてたら・・・意味ないですよね。

■水筒&ストローマグの掃除は漬け置きがベスト!

スポンジで洗うだけでは水筒の奥や細かい部品をピカピカにすることは無理なので、ここは漬け置きで解決しちゃいましょう。

漬け置きには酸素系漂白剤を使っています。最近使っているのはインスタとかでも話題の「オキシクリーン」です。もとはコストコで売っている商品としてブームに火が付きましたが、今はamazonや楽天市場、ドラッグストアのネットショップなどでも買えます。

キッチンハイターは「塩素系漂白剤」なので、子供用の水筒&マグに使うのはちょっと不安なため、「酸素系漂白剤」がおすすめです。オキシクリーンの前には、シャボン玉せっけんの酸素系漂白剤を使っていましたが、もちろん酸素系なら他商品でもOK。

漬け置きなら手が届かない部分もしっかり洗浄できるので、気分的にもとってもサッパリします。

■水筒&ストローマグの漬け置き方法

オキシクリーンなどの酸素系漂白剤を普段使わない人は、使い方がいまいちわからないかもしれません。でも、めっちゃ簡単。パッケージに書いてある分量目安にそって入れるだけ。

「しみ抜きで洋服を漬け置きするときは2Lの水にキャップ1杯」のような表示がありますが、だいたいで全然大丈夫です。計量カップで2Lぴったり図る必要なんてなし。あくまで目安ですし、入れすぎたから色が抜けた!という失敗も酸素系漂白剤ならありません。逆に入れなさすぎたらもちろん効果半減ですけどね。

と、いうことで、私の水筒&マグの漬け置き方法です。

1.少し汚れがこびりついている大きめの鍋を見つける

水筒を漂白するついでに、鍋の汚れも漂白できるので一石二鳥。水筒の中まで水がしっかり入るくらいの大きめがいいです。

2.水筒やマグがつかるくらいの量のお湯を入れる(※水じゃなくてお湯!)

水じゃだめ! オキシクリーンなどの酸素系漂白剤は粉状なので水だと溶けにくいです。溶けきらないままつけていても、本来の効果は得られません。
40~60℃のぬるま湯でとの表示もありますし、しっかりぬるま湯~お湯を用意しましょう。

3.オキシクリーンをキャップ1杯弱(大さじ1くらい)入れてお箸とかホイッパーでよく混ぜて溶かす

粉をしっかり溶かします。手で混ぜてもいいですけど、手がヌメヌメしますし、荒れやすいので素手であんまり触らないようにしています。

オキシクリーンでオキシ漬け

4.水筒&マグのすべての部品を分解して漬ける

せっかくなので細かいパーツもすべて分解しましょう! 水筒のふたについてるゴムのパッキンとか、ストローマグのストローと本体の接続部品(?)とかを取ると、普段見えていないところにヌメっとした汚れがたまっていることも。(ひいぃ~~~)

オキシクリーンでオキシ漬け

5.30分~1晩置く

6時間くらいを超えると、それ以上置いても意味なしとの声もありますが、やっぱり気分的には一晩つけるとサッパリするので、私は何かと一晩漬けます。漬けすぎてダメージが出ることはないので、しっかりつける派。
(先日、色が濃い新品のタオル/布巾が、漬け置きしていると色が落ちることもありましたので、大事なものは要注意。)

6.しっかり洗う

翌朝、しっかり水洗いしてお掃除完了です。

■酸素系漂白剤はマルチに活躍してくれる万能お掃除グッズ

私は子供の水筒&ストローマグや、キッチン用の布巾を大体毎日漂白しています。汚れがめっちゃ気になるときは、漬け置くだけでなく、鍋に水とオキシクリーンを入れて火にかけて、5分くらいグツグツ煮沸消毒することも。

もちろん、子供が食べこぼしてシミがついた洋服、汗ジミのついたワイシャツ、ニオイが気になるクッションカバーなど、布ものには安心して使えます◎

最近は、洗濯機の中のごみ取りネットも1週間に1度くらいオキシクリーンで漂白しています。ちょっとくすんでカビっぽかった時もありますが、ネットを買い替えてからはこまめに漂白しているので、いつも真っ白きれい。

ニオイ、黄ばみ、汚れ、雑菌が気になるものは、手洗いついでにポイっとオキシ漬け(オキシクリーンに漬けること)をするのが、掃除嫌いのわたしにはお手軽でちょうどよかったです。洗剤とか使い分けるの面倒ですしね。

■まとめ

これから出番が増えるストローマグや水筒、しっかり毎日洗わないとどんどん雑菌が繁殖して、雑菌水を子供に飲ませることになります。洗剤で洗うだけでは取り切れないストローや細かい部品の接続部など、数日に1回はオキシクリーンなどの酸素系漂白剤で漂白すると、汚れもスッキリ、気分もスッキリ!

キッチンまわりの漂白、消毒、そして洗濯まわりに使っていると、すぐに在庫がすっからかんになっちゃうので、腐るものではないですし多めにストックするのがおすすめ。オキシクリーンも1.5kgのバケツタイプや、さらに大容量の4.89kgタイプもありますが、初めての人は小さめ500gからスターとして試してみてもいいですね。

→オキシクリーンはわざわざコストコに行かなくても楽天やAmazonで購入できます

「水は腐りやすい」を心にとめて、水筒やマグはしっかり洗ってあげましょう。
@ハナコ

sponsored link

down

コメントする






sponsored link