MENU

デザイン重視!おしゃれ&カッコいいファミリーテントおすすめ9つ

母ちゃん

こんにちは!

小学生の息子2人とMIX犬(ポメラニアン×チワワ)とともに月1~2回の釣りキャンプに出かけて久しいシマムラ家(@pomechi_camp)です。

キャンプ初心者ママ

おしゃれでカッコいいファーストテントを探しています!

〇 キャンプ場でパッと目を惹くおしゃれなテントが知りたい

〇 デザイン性が高いテントブランドは?

今回はおしゃれでカッコいいテントについて。

キャンプギアの主役ともいえるテント。

サイト内で一番目立つのはやっぱりテントなので、デザインにはめちゃくちゃこだわりたい!

そんなご家族に使ってほしい、おしゃれなテントだけを9つ集めました。

やんちゃ次男

「キャンプギアは第一にデザイン重視」

「長く愛用できるおしゃれ&高機能なテントが欲しい」

という人におすすめのブログ記事だよ!

シマムラアサミ(@pomechi_camp
目次

テント選びで失敗しないための3つの基本知識

早くおしゃれテント9選を知りたい方はこちらをクリックしてジャンプ!

テントのお値段はピンキリですが、高いものは20万円近くします。

ファーストテントにそこまでは出せないカモしれませんが、数万円であったとしてもやはりテントは大きな買い物。

失敗なくテントを選ぶために、まず「テントの基礎」を3つ知っておきましょう。

1.【比較表付き】6つのテントタイプ

スクロールできます

ドームテント

2ルームテント

トンネルテント

ワンポールテント

ロッジテント

ワンタッチテント
テント
サイズ
小~中特大小~特大中~大小~中
デザインおしゃれ感はやや物足りないシンプルかつおしゃれなもの多めかまぼこのようなデザインが特徴的キャンプ場で目立つフォルムおうちを思わせる可愛らしいフォルム特徴が薄くやや物足りない
設営
難易度
普通普通簡単簡単超簡単
価格感安い~普通普通高い安い~普通高い超安い
ワンポイント◎シンプルな構造で設営しやすい
▲デザイン性にやや欠ける
◎リビング(前室)付きで過ごしやすい
▲サイズが大きいものは設営がやや難
◎リビングが広くて雨キャンプも快適
▲でかい、重い、設営が大変
◎サイズが豊富、とんがった形が可愛い
▲室内中心にポールがあって邪魔
◎家のような形で可愛い&天井高め
▲大きめサイズが多くて価格が高め
◎一瞬で完成する手軽さとコンパクトさ
▲強度が弱く、風や雨が強いと心配
商品例商品例商品例商品例商品例商品例商品例
テントタイプ比較

テントにはその形状や設営方法によって大きく6種類あり、それぞれ設営のしやすさや見た目、使い勝手に大きく違いがあります。

雨や冬でもキャンプを楽しむためには屋根付きのリビング空間(2ルームテントやトンネルテント)が必要だし、アウトドア初心者でテント設営経験がないならワンタッチテントやワンポールテントが簡単でおすすめ。

上記の表を見比べながら、どのタイプのテントが自分たちのキャンプスタイルに合っているか、考えてみましょう◎

父ちゃん

我が家はファーストテントに安くて大きめのドーム型をなんとなく選びましたが、1年も経つと「屋根付きリビングが欲しい……」という衝動に駆られましたね。。

母ちゃん

1年で買い直しするのももったいないので、はじめからもっとキャンプやテントのことを調べればよかったなと後悔したよね(泣)

2.我が家に必要な「テントの大きさ」はどれくらい?

ソロ用のコンパクトなテントから、ファミリーやグループ向けの大型テントまで、サイズはさまざま。

我が家にジャストフィットするテントの大きさはどれくらいなのかを把握しないと、買ってみたら大きすぎた/小さすぎた……と後悔することになります。

テントの大きさ(床面の広さ)や収納可能人数はどのテントにも記載されていますが、鵜呑みにしてはダメ。

実際に使ってみると、天井が低いテントやワンポールテントはその数値よりも狭く感じることもあります。

母ちゃん

天井高は本当に大事。

ワンポールテントみたいに一部だけめちゃ高いよりも、トンネルテントのように全体の天井が高い方が広々と感じるし、かがまずに移動できて快適です。

父ちゃん

天井低いテントだと、かがみっぱなしで腰痛が……(泣)

テントの大きさの目安はこれくらい。

\ clickして拡大 /

出典:Coleman

上記はテント設営時の外寸目安ですが、より大事なのはテント自体の大きさよりもインナーテント(=寝る場所、寝室)の大きさ。

大人ひとりが寝るスペースは55cm×180cmがJIS規格サイズなので、基本的にはそれを目安に各テントの収容人数が記載されています。

ただ、55cmで足りますかって話です。

母ちゃん

大人はじっと動かずに寝れますが、子どもってめちゃ寝相悪いですよね。

横幅55cmに収まるわけがありません。

父ちゃん

ギリギリサイズを選ぶと、寝相の悪い子どもに夜じゅうずっとアタックされて大人は睡眠不足に……(経験談)

なので、ファミリーテントは収納人数目安よりもひとまわり大きいサイズを選ぶのがミソなのです。

小学生2人連れの我が家は300×300cmで快適

我が家は小学生連れ(+犬)の4人家族。

300×300cmのドーム型テントを愛用していますが、横並びで寝ても隣の人と当たらないゆとりがあります。

寝相の悪い子どもたちはゴロゴロ転がって、朝には全く別のところで寝ていますが、キツキツ感はまったくなし。

足元や枕元には荷物や小さいテーブルを置くこともできます。

父ちゃん

インナーテント(寝室)が300×300cmもあれば5人家族でもゆったり寝れます。

4人家族ならせめて横幅が250cmは欲しいところですね。

3.雨キャンプで死活問題になる「耐水圧」

テントに必ず記載されている「耐水圧(たいすいあつ)」という数字。

これは、テントに染み込もうとする水を抑えるための性能値。

数字が高いほど、高い耐水性があって雨に強いということです。

耐水圧は1500mmあれば雨キャンプも安心

ファミリーキャンプ用のテントは耐水圧1000~3000mmあたりがスタンダード。

1000mmあれば普通の雨、1500mmあれば大雨に耐えられるとされているので、1500mmあれば十分といえます。

父ちゃん

最近のテントは1500~2000mm程度のものが主流なので、極端に耐水圧が低くて雨に弱い……っていうことは少なめ。

耐水圧が高いことによるデメリットは通気性の悪さ

ただ、耐水圧は高ければ高いほどいい、というわけではありません。

耐水圧が高い=通気性が悪い、からです。

耐水性と通気性をバランスよく整えるためには、ダブルウォールテント(本体であるテントのうえにフライシートをかぶせるタイプ)を選ぶといいですよ。

ポリコットン製の耐水圧は300~350mmで十分

いろいろなテントを見ていると、耐水圧300mm程度のポリコットン製テントと出会うでしょう。

「低すぎじゃん!」と思うかもしれませんが、ポリコットン製のテントは少しの水分を含むことで生地内の繊維が膨れて、それ以上の水が染み込まないようになっています。

なので、耐水圧は300~350mmあれば耐水性としては十分です。

おしゃれ&カッコいい!ファミリーテント9選

ここからはおしゃれでカッコいいファミリーテントを見ていきましょう!

予算に応じて選べるよう、安い→高い順で9つのテントをご紹介

価格幅は20,440円~187,000円まであります。

\ 厳選基準はこちら /

第一優先はデザイン(我が家の好み爆発)
・3~4人家族向け

母ちゃん

シンプル基準!

父ちゃん

いまどき、どのテントも基本的な性能は備わっているので、あえてデザインを最優先して厳選しました!

1.「DOD」ワンポールテントM(20,440円)

出典:DOD

うさぎマークが人気のアウトドアブランド「DOD(ディーオーディー)」のワンポールテントMは、初心者キャンパーさんでも手を出しやすいお手頃価格がうれしすぎます。

しかも、ワンポールテントは設営がシンプルなので、テントを組み立てたことがないご家族でも心配いらず◎

「DOD」のワンポールテントはS・M・Lの3サイズ展開ですが、3~4人家族にはMがおすすめ。

出典:DOD

Mは収容人数大人5人ですが、真ん中にポールがあるのと、外側ほど天井が低くて意外とテント内の空間が狭く感じることから、3~4人でジャスト。

逆にLだと3~4人の子連れファミリーには大きすぎて、収納も設営も大変すぎでNGです。

● 魅力的な推しポイント
  • とんがったシャープなフォルムと可愛いうさぎマークのギャップがイイ!
  • ひとりでも設営できて組み立てが簡単
  • ペグやロープなど必要な付属品がすべて揃ったオールインワンタイプで買い増し不要
▲ もう一歩!な惜しいポイント
  • ワンポールテントゆえ、室内の中心にポールがあって邪魔
  • トップの高さは2mあるが、全体的に天井は低めで室内で立ちにくい
母ちゃん

「DOD」の商品はオールインワンタイプが多くて、あれこれ買い足さずに完結するので初心者向き◎

父ちゃん

「DOD」のお手頃タープ「いつかのタープ」と色を合わせて使うのがおすすめです。

写真の「タン」のほか「ブラック」もありますよ。

\ 基本情報どうぞ! /

商品名「DOD」ワンポールテントM(T5-47-TN)
参考価格20,440円
カラーブラック、タン
サイズW370×D325×H200cm
収納サイズW58×D18×H18cm
重量4.5kg
耐水圧フライシート:2000mm、フロア:5000mm
素材75Dポリエステル(PUコーティング)
収容可能人数5人

こんなご家族におすすめ

・「DOD」が好き!
・なるべく簡単&時短な設営希望
・初テントはお安くてほどよくおしゃれなものを選びたい
・幼児連れ4人家族、小学生低学年連れ3~4人家族

\ 安い&おしゃれなDODテント /

2.「FIELDOOR」トンネルテント620(26,950円)

出典:FIELDOOR

広さは欲しいけれどお値段はお安いままで……を叶えるのは「FIELDOOR」のトンネルテント620

寝室とリビングルームを確保した全長6.2mのツールームテントで、お値段はなんと2万円台!

ポイントアップやセールを活用すれば2万円程度で買えちゃうコスパ感が最高です。

寝室となるインナーテント部分は約230cm×240cmと、大人4人が寝るのにジャストなサイズ感。

小学生連れの4人家族がゆったりと川の字で寝られる広さがありますよ。

\ 基本情報どうぞ! /

商品名「FIELDOOR」トンネルテント620
参考価格26,950円
カラーライトグレー、ダークブラウン、カーキ、ライトベージュ
サイズ260cm×620cm×195cm
収納サイズ68cm×28cm×28cm
重量13kg
耐水圧1,500mm以上
素材ポリエステル
収容可能人数大人4人
父ちゃん

もうワンサイズ小さい「トンネルテント480」(19,800円)もインナーテントのサイズは同じ。

リビングスペースがそんなに広くなくていいならよりお安い「トンネルテント480」もアリです◎

● 魅力的な推しポイント
  • シンプルで美しいツールームデザイン
  • ツールームゆえタープなしでもリビングを確保できる
  • 吊り下げ方式(フック式)ゆえ設営がより簡単
  • 大型なトンネルテントの割にお値段が2万円台とコスパがいい
▲ もう一歩!な惜しいポイント
  • 耐水圧がやや低く、荒天の日に心配が残る
  • キャノピーを跳ね上げるためには別売りのポールが必要
  • インナーテントにやや安っぽさを感じる
  • 大型なので狭めのサイトには向かない
母ちゃん

2万円台ってお買い得すぎる!

父ちゃん

ツールームテントだと冬キャンプでもリビングスペースを暖めて過ごせます。

我が家も次のテントはツールームテントを検討中◎

こんなご家族におすすめ

・屋根付きの広いリビングスペースを確保したい
・秋冬キャンプも寒さ知らずで団らんしたい
・大きめのテントをなるべく安く買いたい
・幼児連れ4人家族、小学生連れ3~4人家族

\ 大型で安いテントなら「FIELDOOR」一択! /

3.「WAQ」 Alpha TC/FT(43,800円)

出典:WAQ

リーズナブルな価格でキャンプギアを展開する国内アウトドアブランド「WAQ(ワック)」の Alpha TC/FTはワンポール型のティピーテント。

特徴的なのはフライシートに「TC素材」が採用されてること。

TC素材はポリエステルとコットンを混紡した素材で、遮光性や通気性に優れているためテント内でより快適に過ごせます。

しかも、火の粉に強いので、焚き火の火の粉がふわりと舞ってもポリエステル製のテントほど穴あきの心配がいりません。

また、インナーテントサイズは380cm×265cmなので、①で紹介した「DOD ワンポールテント」よりも広々と4人家族が寝られるサイズ感です。

\ 基本情報どうぞ! /

商品名「WAQ」 Alpha TC/FT
参考価格43,800円
カラータン
サイズ400×400×250cm
収納サイズ75×31×31cm
重量16.5kg
耐水圧350mm
素材フライ:210g TC(コットン35%×ポリエステル65%の混紡)
インナー:210TポリエステルPU
収容可能人数4~5人
父ちゃん

TC素材やコットン素材のテントは耐水圧が数字としては低め。

でも、水が染み込むことで生地が膨張して浸水を防ぐので300~350mmあれば問題ありません◎

● 魅力的な推しポイント
  • 最高天井高が約250cmでテント内でも立って移動しやすい
  • 火の粉に強く、遮光性と通気性に優れたTC素材採用
  • サイドフラップ(キャノピー)の跳ね上げ方が4種類ありアレンジ豊富
▲ もう一歩!な惜しいポイント
  • 全方位にロープをペグで固定する必要があり、やや場所をとる
  • とんがり形状ゆえ、室内は見た目よりもやや狭く感じる
  • ワンポール型ゆえ、テント内の真ん中にポールがあって邪魔
父ちゃん

我が家も「WAQ」製品はいくつか使っていますが、どれも生地が丈夫なのが特徴的!

母ちゃん

「WAQ」のヘキサタープTCと合わせて使いたいですね♪

こんなご家族におすすめ

・大きめのワンポール(ティピー)テントが欲しい
・より丈夫な素材で見た目にも性能にもこだわりたい
・作りが丁寧でサポートが手厚い国内ブランドを選びたい
・幼児連れ4~5人家族、小学生連れ4人家族

\ 跳ね上げ方で佇まいもガラッと変わる♡/

4.「DOD」わがやのテントL(47,200円)

出典:DOD

①でも登場した「DOD」から、わがやのテントLもおすすめしたい。

一番の特徴はワンタッチ設営ができるから、初心者キャンパーにピッタリなこと。

\ ほら、めっちゃ簡単! /

出典:DOD

プールや海で使うようなワンタッチテント同様、ひとりでパパっと設営できるので、子どもに手がかかるご家族でも設営が時短&簡単にできて最高です!

ワンタッチテントと聞くとヤワなイメージがありますが、軽くて強いアルミ合金フレームがベースになっているし、生地にはポリコットン(TC素材)を採用しているし、安っぽさはナシ。

インナーテントサイズがW275×D205×H142cmとややコンパクトなので、収容人数5人とはいえど、ゆとりをもって寝るためには3~4人家族くらいがジャストですね。

\ 基本情報どうぞ! /

商品名「DOD」わがやのテントL(T5-869-TN)
参考価格47,200円
サイズW280×D280×H156cm
収納サイズW95×D26×H26cm
重量10.5kg
耐水圧フライシート:3000mm
フロア・グランドシート:5000mm
素材フライシート:150Dポリエステル(PUコーティング、UVカット加工)
インナーテント:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)
フロア・グランドシート:210Dポリエステル(PUコーティング)
収容可能人数5人
父ちゃん

S・M・Lの3サイズ展開ですが、Mサイズは幼児連れ3人家族でギリギリいける広さ。

長く使うならLサイズがおすすめです。

● 魅力的な推しポイント
  • ワンタッチ構造でひとりであっという間にテントが張れる
  • 耐水性や遮光性、UVカットなどうれしい機能性が揃う
  • テントに必須のグランドシートが標準装備なので買い増し不要
▲ もう一歩!な惜しいポイント
  • 天井が低いのでテント内では立って移動できない
  • 寝るには十分な広さだが、リビングとしてはやや狭い
母ちゃん

何より設営が手軽なので、キャンプ初心者のファーストテントにピッタリ!

こんなご家族におすすめ

・子どもに手がかかり、大人ふたりが設営にかかりきりになれない
・キャンプ初心者でテントを張ったことがない
・キャンプだけでなく、ピクニックや海でも使いたい
・幼児連れ3~4人家族、小学生低学年連れ3~4人家族

\ アウトドア超初心者はコレで決まり! /

DOD(ディーオーディー)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

5.「DOD」かまぼこテント3M(75,900円)

出典:DOD

「DOD」が続きますね、ごめんなさい。

でも、このかまぼこテントは「DOD」の代名詞といっても過言じゃない人気テント。

かまぼこみたいな愛らしいフォルムのツールームテントで、リビング部分が広いのでタープいらずで快適に過ごせます。

S・M・Lの3サイズ展開ですが、4人家族には5人用サイズのMがジャスト。

Mサイズのリビング空間の定員はなんと大人10人!

LサイズだとそんなMサイズよりも1.5倍デカいのだから、ややスペックオーバー。

逆にSサイズはインナーが約225cm×235cmなので、幼児連れ4人家族ならいいですが、子どもが小学生高学年になってくるとキツキツ感が出てきます。

ゆえに、Mサイズがおすすめ!

\ 基本情報どうぞ! /

商品名かまぼこテント3M(T5-689-TN)
参考価格75,900円
サイズW300×D640×H195cm
収納サイズW69×D35×H31cm
重量19.5kg
耐水圧アウターテント:3000mm
インナーテントフロア:5000mm
素材アウターテント:150Dポリエステル(PUコーティング、UVカット加工)
インナーテント壁面:68Dポリエステル
インナーテントフロア:210Dポリエステル(PUコーティング)
収容可能人数5人
母ちゃん

収納サイズは今まで紹介したテントと大きく変わりませんが、19.5kgとかなりの重量級……。

運搬は父ちゃんの仕事にしましょう!

● 魅力的な推しポイント
  • かまぼこみたいな愛らしいデザイン
  • リビングが広くてお座敷スタイルも楽しめる
  • 天井高が195cmあるので、大人も歩いてテント内を移動できて腰を痛めない
  • 天気や気温に左右されず、リビングで快適に団らんできる
▲ もう一歩!な惜しいポイント
  • 19.5kgととにかく重たい……
  • 定価で買えるのは公式サイトでの抽選販売のみで入手困難
父ちゃん

同サイズのカーキならわりと通常販売していますが、タンを定価で買いたいなら抽選販売を待つしかありません。

母ちゃん

DOD好きな我が家は、次のテントは「かまぼこテント3M」を狙っています……が、何しろ買えない(泣)

こんなご家族におすすめ

・冬キャンプにも雨キャンプにも耐えられる頼もしいテントが欲しい
・将来的にはお座敷スタイルを楽しみたい
・腰が悪いのでテント内はかがまずに移動したい(←深刻)
・幼児連れ4~5人家族、小学生連れ4~5人家族

\ プレ値で高くても今すぐほしいなら /

\ 定価で買いたいなら抽選待ち必至/

6.「MURACO」GUSTAV6P(104,500円)

出典:MURACO

スタイリッシュで機能性も高いと人気を集める「MURACO(ムラコ)」のGUSTAV(グスタフ)6Pは高所登山での使用を到底した質実剛健な山岳テント。

ゆえに、その頑丈さや耐風性の高さが自慢です。

色は2色展開ですが、断然ブラック推し!

頼もしい骨格とオールブラックのデザインは、広いキャンプサイトでもひときわ目を惹きそう♡

サイズは4Pと6Pの2種類あり、インナーテントの広さは4Pが250cm×250cm、6Pが290cm×325cm。

小学生高学年になっても4人家族で使いたいなら6Pがおすすめです。

\ 基本情報どうぞ! /

商品名「MURACO」GUSTAV6P(T011)
参考価格104,500円
サイズW335×D510×H195cm
収納サイズW77×D28×H25cm
重量11.5kg
耐水圧2500 mm
素材68Dリップストップポリエステル
収容可能人数6人
母ちゃん

最大天井高は約195cmなので、長身の男性でもラクラク出入りができそう◎

● 魅力的な推しポイント
  • オールブラックでまさに「カッコイイ」高性能テント
  • 高所登山用テントゆえ、荒天に強い
  • ベンチレーションが6か所もあって通気性◎
  • グランドシートは標準付属で買い増しの必要なし
▲ もう一歩!な惜しいポイント
  • 設営がやや難しい
  • リビングを広く取るならタープの併用が必要
母ちゃん

ブラックやチャコール系のキャンプギアで統一して、サイト内をオールブラックで揃えたい♡

こんなご家族におすすめ

・キャンプギアをカッコよくオールブラックで統一したい
・デザインだけでなくスペックにもこだわりたい
・就寝中の天候悪化にも耐えられる頑丈さがほしい
・幼児連れ5人家族、小学生連れ4~5人家族

\ クールでカッコイイテントならコレ一択 /

7.「KOVEA」 ネストW(120,000円)

出典:楽天市場

韓国発の人気アウトドアブランド「KOVEA(コベア)」のネストWも、「MURACO GUSTAV6P」に負けないカッコいいテント。

リビングルームが広い大型テントなので、リビング付きのカッコイイ系テントを欲するご家族には「KOBEA ネストW」がよりおすすめ◎

ちなみにカラーは3色展開。

「アイボリー」はさわやかなカラーで、ブラックと違ってまた良きです。

インナーテントのサイズは250cm(最大310cm)×240cmなので、4人家族にジャストフィットします。

\ 基本情報どうぞ! /

商品名「KOVEA」 ネストW
参考価格120,000円
サイズW620×D330×H210cm
収納サイズ
重量21kg
耐水圧2000mm
素材ポリエステル(68D ポリタフタ、耐水圧2000mm、PU、W/P、W/R)
収容可能人数4人
母ちゃん

「KOVEA」といえば、「KOVEA CUBE(コベアキューブ)」というカセットコンロもキャンパーに人気です◎

● 魅力的な推しポイント
  • オールブラックのカッコイイデザイン
  • キャノピーの跳ね上げによって、リビングスペースが拡大できる
  • 機能的なベンチレーションやメッシュ開口で通気性◎
▲ もう一歩!な惜しいポイント
  • 大型テントゆえ、狭めの区画サイトだと厳しい
母ちゃん

これまたオールブラックがたまらん!

我が家の真っ黒な「DOD いつかのタープ(ブラック)」とめっちゃ似合いそう♪

こんなご家族におすすめ

・オールブラックでカッコイイサイトに仕上げたい
・寝室もリビングもゆとりの広さが欲しい
・テントで他の人とかぶりたくない
・幼児連れ4~5人家族、小学生連れ4人家族

\ デカくてカッコいい「コベア」のテント /

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

8.「Nordisk」アスガルド12.6(160,600円)

出典:Nordisk

おしゃれなコットンテントの代名詞である「Nordisk(ノルディスク)」のアスガルド12.6

デンマークにある老舗アウトドアブランドで、シロクマのロゴがチャームポイント♪

形や大きさはさまざまありますが、個人的にはおうちみたいな形の「アスガルドシリーズ」が一番「Nordisk」っぽくて推しです。

ポリコットン性なので通気性と遮光性に優れていて、テント内がとっても快適◎

見た目はとってもナチュラルで、温かみがありますよ♡

\ 基本情報どうぞ! /

商品名「Nordisk」アスガルド12.6
参考価格160,600円
サイズW400×D375×H250cm
収納サイズ
重量21kg
耐水圧350mm
素材テクニカルコットン(ポリエステル65%.コットン35%)
収容可能人数6人(インナーキャビン使用時は3人)
父ちゃん

入口は145cm、テント内は200cmの高さがあるので、テント内でも移動はしやすそうですね。

● 魅力的な推しポイント
  • ポリコットン特有の温かみある風合いが「THE・北欧テント」
  • シロクマのロゴが果てしなく可愛い
  • 広いうえに天高も250cmあるので、広すぎるほどに開放的
  • 一級品を持てたという優越感に浸れる
▲ もう一歩!な惜しいポイント
  • 別売りのジップインフロアマットと併用すると総重量は30kg超え
  • 大きいゆえ、濡れたり汚れたりしたときに洗う/乾かすのが大変
母ちゃん

シロクマテントはやっぱり憧れます♡

父ちゃん

雪キャンプにめっちゃ似合うけど、濡れると乾かすのが大変なので悩ましい……

こんなご家族におすすめ

・憧れブランド「Nordisk」のテントを手に入れたい
・“男前でカッコイイ” テントよりも、“ナチュラルでおしゃれ” なテントが欲しい
・わんるーむのような広い幕内(テント内)でゆったり過ごしたい
・幼児連れ5~6人家族、小学生連れ5人~6家族

\ いつかは欲しいシロクマテント /

9.「OGAWA」アポロン(187,000円)

出典:OGAWA

最後にご紹介するのは、シンプルながらもその佇まいに力強さを感じる「OGAWA(オガワ)」のアポロン

寝室とリビングスペースのあるトンネル型テントのなかでも一級品レベルのテントです。

全面メッシュなので虫除けをしつつも、光や風をたっぷり通してくれるところが地味ながらGOOD。

寝室となるインナーテントもメッシュ張りなので、蒸し暑い夏も快適に眠れそう◎

インナーテントサイズは210×300cmなので、荷物はあまり持ち込めませんが、4人家族がゆったり寝るのにピッタリ。

雨キャンプでも冬キャンプでも、広々とした幕内で快適にアウトドアリビングを楽しめますよ。

\ 基本情報どうぞ! /

商品名「OGAWA」アポロン
参考価格187,000円
サイズ W435cm×D320cm×H205cm
収納サイズ80×45×35cm
重量23kg
耐水圧1800mm
素材フライ:ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
インナーテント:ポリエステル68d
グランドシート:ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
ルーフフライ:ポリエステル75d(耐水圧1,800mm)
収容可能人数5人
父ちゃん

いやあ~さすがの「アポロン」……お高いですなぁ!

母ちゃん

「かまぼこテント」が欲しい我が家は、「アポロン」を見てうっとり。

お値段が倍違うので、悩ましすぎるところです。

● 魅力的な推しポイント
  • 全面メッシュ張りで風通しのいい快適リビング
  • 大きい割に設営は簡単
  • 全天候型で雨も寒さもしのげる
  • その丈夫さゆえ、一度買ったら長く使える
▲ もう一歩!な惜しいポイント
  • お値段が……張ります
  • 収納サイズが大きく、おうちの収納や車の積載がかさばる

こんなご家族におすすめ

・テントタイプはトンネル型ツールームテント一択
・一級品を大切に長く愛用したい
・一年中キャンプに出掛ける可能性がある
・幼児連れ4~5人家族、小学生連れ4人家族

\ 高いけど長く愛用すればコスパは◎ /

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

テントは我が家のアイキャッチ!

9つのおしゃれでカッコいいテントをご紹介しましたが、ツボるテントはありましたか?

耐久性や設営のしやすさも大事ですが、テントはサイト内で一番目につく主役ギア。

消耗品ではなく何度も買い替えるようなアイテムではないため、心から気に入ったデザインのテントをお迎えしたいところ。

まずはデザインから、次にスペックや使い勝手などを検討してみつつ、我が家の頼もしいキャンプの相棒を見つけてくださいね。

母ちゃん

ということで、次のテント購入に向けてテント貯金をしているシマムラ家(@pomechi_camp)でした。

ではまた!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次